利用者さんが「自分の家族」だとしたら…
そう考えると、できることがたくさん

インタビュー時:入職15年
吉野朋子TOMOKO YOSHINO

介護職・介護福祉士/介護老人保健施設<都筑ハートフルステーション>

介護の仕事を選んだ理由

入職する前は主婦だったんです。でも、このまま主婦でい続けることに不安を感じて、将来に活かせる資格を取ろうとしていました。迷っていたのは介護ヘルパーか、造園士。 介護ヘルパーの資格を取ると決めたのは実は 消去法…(笑) 、造園士は資格の学校を見学したときに少し違和感があったからやめたんですね。

仕事のやりがい、こだわり

ありがちかもしれませんが、「ありがとう」と言ってもらえることが、やはり一番のやりがいです。 例えば、レクリエーションのとき、 何をやろうか、と企画や準備には結構多くの時間を費やします。 でもレクリエーションなので、実際にやっているのは1時間程度です。それまでの準備に比べたら本当に一瞬なんですよね。 でも、利用者さん皆さんが喜んでくれていると、そんな疲れが一気に飛んでしまうんです。そういうことが「やりがい」に感じますね。

心がけていること

利用者さん1人ひとりのニーズに、しっかりと応えていくことを心がけています。 利用者さんは言いたいことがあったり、して欲しいことがあっても、私たち職員が忙しそうにしていることで、言いたくても言えない状況ができてしまいます。 ですから、どんなに自分が忙しくても、声をかけやすい、なるべく気軽に声をかけてもらえるようなキャラクターでいるようにしています。スタッフの中でも、結構声をかけられやすい方なのではないかな、なんて思っています。

もっと理想に近付きたい

利用者さんと過ごしていると、もっと頑張りたいなと思います。 例えば、レクリエーションでも、いまは皆さんを集めてやっていますが、 歌好きさんだけを集めた歌のレクリエーション、 塗り絵好きさんだけを集めた塗り絵のレクリエーション、など。 在宅復帰のためのリハビリも兼ねているから、積極的に参加して欲しいし、好きなことの方が楽しい。 また以前には、痛みを訴える利用者さんの力になりたい、と思って休日にフットマッサージやカウンセリングの民間資格を取りに行ったりしたんです。 いまの現場のままでは、それを活かす機会に恵まれないので、もっと色々なことに余裕をもてるようになりたいですね。 「本当は自宅で過ごして欲しいのに施設に入れる必要がある」自分の家族がこんな状況だったとき、「ここだったら安心」と思えるのは、設備などではなく、私たちの仕事への取り組み方だと思うんです。