5年で当法人を卒業してキャリアステップ!

無資格、未経験から介護で働きたい方、そしてスキルを身に付けて卒業して、更に介護職のキャリアを身に付けたい方、当法人の教育体制はかなり自慢できます。

業界の中で医療法人活人会が、運営している施設と、運営していない施設を図式にしたものです。

そう、当法人では多くの介護施設を運営しているわけではありません。ですから介護職のゼロからスタートして、キャリアを築いていくには不利と考えるかたもいるかもしれません。

しかし、あえて逆をお話したい。それは当法人だからこそ、無資格、未経験の方が、急成長して活躍できるステージがあるということです。
そして成長した暁には、次のステップに上がるため、当法人を卒業して、新しい道へ進むことも応援します。実際に卒業していった職員もいます。

まず、職員同士の仲が非常に良いこと、とても働きやすい雰囲気の中、丁寧に仕事をお教えします。
そして、理想とする介護を突きつめたからこその一流の介護を提供してきました。地域の医療機関から当法人の施設へいただいている信頼の厚さは、他社には負けません。その「高い仕事の質」をそのままお教えします。是非一度職場見学にいらしてください。

日本では、少子高齢化と人口減少が続いています。人口は2020年に1億2,410万人、2050年には1億人を割り込む予想がされています。また一方で、65歳以上の人口割合は2025年には約30%、このままでは2060年には約40%に達するとも言われています。介護業界はそのような中で、これから時代が進むに連れて、更に必要とされていく職業のひとつです。
無資格・未経験でも、これからの時代に必要とされる職業に就きたい方、せっかく仕事をするなら「一流」が良いと考える方、お気軽にまずは見学にいらしてください。

無資格・未経験からの介護職ステップアップ(資格編)

利用者さんやそのご家族の役に立ちたい、喜ばれたい、そんな「人」に役立ちたい気持ちは、介護の仕事をする上で、とても大切です。
ただ同時に、自分自身がしっかりとした知識、スキルを身につけることも、利用者さんのためには大切なことです。当法人では無資格、未経験で介護職をスタートする方を、全力で応援しています。資格取得に関わる費用の法人で負担しています。スキル、キャリアをいあげていくことが可能です。

介護職員初任者研修
(未経験でも受験可)
介護のお仕事をするのに最初の入り口になる資格です。無資格・未経験の方の応募も歓迎しておりますので、なくてもお気軽に応募して頂いて大丈夫です。旧「ホームヘルパー2級」に該当します。
介護職員初任者研修は、資格スクールなどでの講義と実技スクーリングがあります。当法人では職員の資格取得にかかる費用は全額負担しています。修了試験がありますが、合格率はかなり高いので、それほど心配なさらなくて大丈夫です。
実務者研修
(未経験でも受験可)
介護職員初任者研修よりも上位の資格になります。
介護職員初任者研修では、利用者さんが痰(たん)に苦しんでいても取ってあげることができませんが、実務者研修を修了すると「たん吸引」をしてあげることができたり、お仕事の幅が拡がります。より利用者さんに喜ばれるサービスを提供できるようになります。
また、サービス提供責任者といって、ケアマネージャーと連携して介護プランを作成したり、訪問介護や育成介護などの管理業務ができるようになります。
いつか上位資格で国家資格でもある「介護福祉士」を取得したい方は、「実務者研修」を修了していることも受検資格のひとつに加えられました。旧「ホームヘルパー1級」に該当します。
介護福祉士
実務経験3年以上
実務者研修修了が
受検資格
この資格は実務者研修の上位資格です。実務者研修を修了すること、実務経験を3年以上積むことが受検資格を得るための条件で、上記の資格よりは難易度が高くなります。
ただ、介護職のプロフェッショナルとして働くには、任される仕事の範囲も増えてきますので、やりがいや充実感は更に増えることでしょう。
ケアマネジャー(介護支援専門員) 介護支援が必要な方に訪問をして、聞き取り・分析をします。結果をみて、必要な「介護のケアプラン」を作成したり、実施したりすることができる資格です。その後、ケアプランの見直しや改善、介護業務の相談や援助、介護保険料の給付管理、病院や事業所との連絡・調整をすることができます。当法人の介護老人保健施設「都筑ハートフルステーション」では、利用者100人につき1人のケアマネージャーを配置することが法律で決められています。
利用者さんとそのご家族両方の意見を、総合的に考慮してケアプランを作成することになります。また居宅介護支援施設「かけはし」でもケアマネージャーの募集をしています。
介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、機能訓練士などの資格を持っていて実務経験5年以上、資格がない場合でも実務経験10年以上が受検資格となります。